、いよいよ仮設住宅団地に伺っての活動が始まりました!
栗林、平田の団地に向かった2班と、陸前高田市、釜石市を巡回した班に分かれて活動しました。
平田の団地ではお宅訪問を実施しましたが、年末ということもあり在宅されている方は多くはなかったようです。
それでも数名の方が談話室に来てくださり、学生と話をしたり、軽い運動ということでゲートボールをしたりしたようでした!
今後は餅つき会やスポーツ会などのイベントの実施の可能性がありそうです!
IMG_4169.JPG
栗林にある団地では常駐する方から現在の様子を伺いました。
忙しいかもしれないとのことでしたが、会長さんをはじめ他の地域にお住いの方も来ていただき、話を楽しんだとのことでした。
今後もみんなで楽しめる企画を考えることが求められそうです!
IMG_0489.JPG
仮設住宅でサロン活動をした班とは別に、陸前高田市と釜石市の巡回に行った班がありました。
今後実施するイベントに備えて、餅や甘酒、そばを作るための材料、備品の買い出しを兼ねて、今日リニューアルオープンした商店街を訪れました。
「がんばっぺし!」の掛け声で始まった餅まきから始まり、多くのお客で賑わっており、復興に向けて前進している姿に立ち会うことができました。
また、釜石市では被害の大きかった両石、鵜住居地区を訪れ、実際にバスを降りてみました。
「釜石の奇跡」と呼ばれている1つで、釜石東中学校の生徒が隣の鵜住居小学校や周辺にいた幼児、高齢者の方の避難のサポートをし、全員で逃げ延びたという話があります。
私たちは実際に学校周辺から生徒が逃げたとされる第2次避難場所まで走ってみました。
DSC_0968.JPG
自分たちが思っていた以上に距離があったことや、中学生が自分よりも年下の子や高齢者の方のサポートをしながら逃げたということがどれだけ大変なことだったかを痛感しました。
実際に体験してみることがいかに重要かが分かりました。
今日の反省を生かして明日もがんばっぺし!!
※23:59頃岩手県沿岸南部で震度4の地震を観測しましたが、津波の心配はなく、拠点でも特に問題は発生していません。