春銀河2013第一期がとうとう始まりました。
全国から33名の仲間が集まってくれました。
BFHOIDHCMAA8bs3.jpg
拠点において、一日のスケジュール確認や岩手県の概要説明などの簡単なオリエンテーションを済ませたのち、釜石市と大槌町へと現地視察に行きました。
釜石市においては、バスの中から外の様子を観察しながら、キャスト2名が災害公営住宅整備の進行状況や水産業の復旧状況の説明を行いました。
お昼を済ませ、午後からは大槌町の視察へ行ってきました。
おらが大槌夢広場の小川さんらに、日頃の活動のお話や活動に対する思いなどについて聞くことができました。
そのあとは、大槌町出身のキャストのガイドのもと、津波被害のあった大槌町
旧役場や海岸沿いを訪れ、今の現状を観察しながら被災当時の様子や復興に向けての課題の説明を受けました。
BFIOkcdCEAESGZ9.jpg
拠点に到着してからは、明日からの活動地や活動グループ決めをし、明日から始まる活動に向けて準備をしました。
明日からはいよいよ本格的に活動が始まるので体調に気を付けながら素敵な活動にしていけるように、頑張りたいと思います。