【いわてFWL2017春期P:2日目】
23日、2日目は地域のフィールドワークへ出かけました。まずは『深澤晟雄資料館』へ。いまから約60年前、日本の自治体としては初めて高齢者・乳児医療費の無料化を実現し、その2年後に乳児死亡率0%を達成した旧沢内村(現在の西和賀町沢内)の「生命尊重」行政の歴史について学びました。


続いて多機能型事業所『ワークステーション湯田・沢内』へ訪問。施設長にご案内いただきながら、西和賀町に暮らす障がい者が主体的に地域起こし・地域づくりに参加する「福祉でまちづくり」の実践を目指していることについてお話いただきました。