【参加申込み受付開始:夏休みプログラムのご案内】

当法人では2011年より、岩手県被災地での復興支援プロジェクトとして「いわてGINGA-NETプロジェクト」を実施してまいりました。事業開始から6年間で延べ1万6千人の学生ボランティアが全国から参画し、応急仮設住宅を中心としたコミュニティ支援をはじめ、地域が元気になること、そこに暮らす人々の笑顔のために学生のマンパワーをつないできました。
東日本大震災から7年目を迎えた岩手県。その後も度重なる災害を経験する中で様々な教訓を得てきました。災害をはじめとする様々な歴史・文化的な学びが次世代へと伝え継がれ、地域の元気・笑顔のために活躍する人材が育つことを目指し、今年度より「いわてフィールドワーク・ラーニング2017(夏期プログラム)」を実施します。活動は東日本大震災で被災した地域に限ることなく、岩手県全域をフィールドとした体験・学びのプログラムとして展開していきます。

「いわてフィールドワーク・ラーニング2017(夏期プログラム)」
■活動期間:2017年9月1日(金)~9月7日(木)6泊7日
■活動地域:岩手県沿岸部(釜石市、大槌町、大船渡市、陸前高田市 他)
■宿泊場所:五葉地区公民館(岩手県気仙郡住田町上有住字中埣63)
      ※内、6泊中2泊は住田町内の地域住民のお宅でホームステイを実施します。
■主な活動
  1)仲間と出会い、つながる力を育む活動(学生同士の交流、ネットワークづくり等)
  2)震災復興について学び、地域や人と関わる活動(漁業体験、子どもの遊び支援等)
  3)人々の暮らしや産業、文化を体験し、地域を学ぶ活動(農業体験、ホームステイ等)
  ※現地の状況に応じて、活動内容は変更する場合があります。
■参加対象
 下記の全ての条件を満たす方
  1)岩手県内、及び県外の大学生、大学院生、専門学校生
  2)心身ともに健康で体力面での不安がない方
  3)自発的な意志と責任で活動に主体的に参加できる方
  4)チームワークを大切にし、コミュニケーションを楽しくとれる方
■募集人数:25名(定員になり次第締め切ります)
■申込方法こちらのエントリーフォームからお申込みください。
 http://www.iwateginga.net/contact/cast/
 <申込期日>
  2017年8月11日(金)18:00まで

その他、詳細は公式HP・開催要項をご確認ください。
 いわてGINGA-NET公式HP:http://www.iwateginga.net

※いわてフィールドワーク・ラーニング2017(夏期プログラム)は「岩手県立大学滞在拠点型復興教育支援事業」の事業委託を受けて実施しております。