夏銀河2012に参画した学生たちのその後は…!?
ということで、全国で開催される夏銀河の報告会や事後学習会の様子、
その後の活動の展開をお伝えしていきます。
「夏銀河2012報告会@関東」
日時:10月20日(日)10時半~17時   
場所:東京学芸大学
主催:夏銀河2012参加者有志
参加者:20名
学生有志によって開催された報告会、企画・運営もすべて学生による手作りです。
関東の学生ほか、関西からの参加も!
岩手キャストからは小原くん(おばっちゃん)、斉藤くん(かず)が参加しました。
まずは夏銀河2012の概要など八重樫から全体の報告。
続いて「私の夏銀河2012」と題して、
岩手県立大学の小原くんから活動を通じての想いを振り返り、
自らが出演の「東北発☆未来塾」をみんなで鑑賞しました。
(NHKEテレにて毎週金曜11時30分~50分放送中!http://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/)
PA200286 - コピー.JPG
テーマ「わたしの銀河を今一度ふり返る」では、
その時どんな感情だったのか、どんな場面と対面したのか…
など個々人の想いを振り返り、互いに共有しました。
PA200290 - コピー.JPG
衝撃的だったこと、嬉しかったこと、悩んだ気持ち、不安だった気持ち…
その時々のことを想い起こしながら、互いに共感しあったり質問し合ったりする時間が送られました。
午後の部は、「夏銀河2012、その後の物語…」というテーマからスタート。
小原くん、斉藤くんから岩手での活動について、
学生による週末ボランティアの活動、DoNabenet(ドナベネット)の取り組みなど紹介。
立教大学Three-Sの大舘さん、大口さんからの「問題提起させていただきます」では、
これから予想される災害における関東での被害想定のお話や、
新宿区での広域避難者への支援活動「さんさん広場」での取り組み紹介など、
今後の関東での活動へのヒントを投げかけ。
写真.JPG
いわてGINGA-NETプロジェクトの経験、その後の取り組み、関東での実践…
をヒントに、今後のアクションについて考えるワークショップへ。
写真2 - コピー.JPG
関東での広域避難者支援の展開、大学での防災活動の発信、災害発生に備えた全国学生ボランティアのネットワーク強化…
など様々なアイディアが出され、具体的なアクションにするにはどうするかにつても話し合われました。
そして…2012年2月17日(日)にDoNabenet@新宿の開催が決定!
ここに向けて、さらなるネットワークを展開し深めていきます。