みなさんはじめまして笑顔
いわてGINGA-NETプロジェクトです月
*いわてGINGA-NETプロジェクトとは、簡単に言うと
岩手県南部沿岸地域にアクセスのよい住田町を宿泊拠点として、
学生が岩手県内各地でボランティア活動に参加する仕組みを、
ネットワークを組んで進めていこう!という取り組みで、
・岩手県立大学学生ボランティアセンター
・岩手県社会福祉協議会
・NPO法人さくらネット
・NPO法人ユースビジョン の合同プロジェクトです。
全国から集まった大学生、専門学校生が
8月の第1週から9月の第4週まで1週間単位で活動し
現在の参加予定総数はなんと1200名超え!!
参加者第一弾のみなさんが岩手に到着される8/4を目前に
関西で準備をしていたいわてGINGA-NETプロジェクトのスタッフ数名も
7月末に五葉地区公民館入りし
現地のプログラム企画、調整を担当している
岩手県立大の学生ボランティアセンターのみなさんと
会場整備や打ち合わせの日々を送っております。
五葉地区公民館がある住田町
緑に囲まれ、川の流れる音も聞こえてくるような
自然に囲まれたとても良い環境ですよクローバー
しかし、ここ最近は気温も湿度も低く
屋外で風が吹くと少し肌寒いな、と感じるくらいです。
今日の気温はなんと19℃(!)
東北より南の地域ではなかなかこの季節には考えられない気温ですね。
急激な気候の変化で体調を崩すことのないように
ぜひとも2期に参加されるみなさんは、今一度持ち物を確認して
パーカーのようにちょっと寒いときに羽織れる上着が入っているかをご確認ください。

今後参加されるみなさんも
出発前には岩手の週間天気予報をチェックして
自分が参加する頃の岩手の気候をあらかじめ確認注意してから
荷物の最終準備カバンをすることをオススメします。
かく言う私は上着を忘れて、ここ3日ほどは半袖で時々寒さにふるえながら作業しています。(苦笑困った
さて、そんな感じで着々と開始に向けて準備が続いてるわけですが
プロジェクトの期間中の活動の様子などを
できるだけこのブログを更新することで
みなさんにいわてGINGA-NETプロジェクトに関する
たくさんの情報を伝えていきたいな、と思います!
ぜひともよろしくお願いします。
次回はみなさん気になるボランティア活動の中身について少しご紹介します!
お楽しみに!!

(よこぜき)